LOG IN

10数年ぶりの崎陽軒のシュウマイ

by 小島健一

「崎陽軒のシュウマイ」を食べたのは何年ぶりだろう。
少なくとも九州に拠点を移してからは食べたことはない。
おそらく最後に食べたのは… 10数年前、崎陽軒の工場に製造工程を見学しに行って食べたのが最後だったのではないだろうか…。
関東にいた時は「いつでも食べられる」と思っていたが、駅弁を買うような機会もなく結局関東を離れてしまった。
 
そして今日、わざわざ横浜から家に遊びに来てくれた友人がお土産として持ってきてくれたのが「崎陽軒のシュウマイ」というわけだ。
ひさしぶりに食べた「崎陽軒のシュウマイ」は小ぶりながらも身がしっかり詰まっており、噛むと口の中に素材の味が広がった。世間には肉と玉ねぎの味が強いシュウマイが多いと思うが、「崎陽軒のシュウマイ」はホタテの味がけっこう前に出てくる。だからといって主張が強いわけではなく他の素材とうまく調和している。
ひとくち食べて「えっ、こんなにうまかったっけ?」とひとりで呟いてしまった。
想像していた以上にうまく感じたのは、九州にはこの味が無いからかもしれない。懐かしさに大脳が揺らされ何倍にも美味しく感じたんじゃないかな。

今度関東に行った時はシュウマイ弁当を買おうと思う。


小島健一
OTHER SNAPS