LOG IN

武家屋敷でインドカレー

by 小島健一

近所のmonjoで「出張 渚カレー」というイベントがあったので参加してきた。
イベント主の海木渚さんは元薩摩川内市の地域おこし協力隊で、その後カレー屋をやっていたそうだけど、インドに行くため?お店をいったん閉店。そして、時々スペースを借りて今回のようにカレーを出しているそうだ。 (参考:【第1回】まるでお皿に彩られた絵画。日本一の大楠の麓・蒲生町「スーベニア」で、カレーとともに生きる人
 
今回は完全予約制で11時スタートと13時スタートの2回。各回約20名くらいの定員で前日までに満席。
ボクは11時の回を予約していて開始時間にmonjoに行ったら、店の中にはすでに15名くらい集まっていた。みんな待ちに待っていた感じなのだろう。

しばらくするとテーブルにカレーの付け合わせが置かれ、順々にターメリックライスの乗ったプレートも運ばれてきた。今回はこのプレートに自分たちで付け合わせを乗せてカレーをかけてもらう感じ。
会場にいる20人ぶんの付け合わせが一皿に盛られているので考えながら取らないと、最後の方の人は付け合わせがなくなってしまう…。 実際、終盤付け合わせがなくなり慌てて補充している場面があった。

全部乗っけた感じ。いい感じに盛られているがこれはお隣さんの盛り付け。
ボクが盛り付けたのは忖度しすぎて少しスカスカになってしまった(^^;
 
このカレーは、様々なスパイスが利いていて家で作るには難度が高い。しかし、食べやすく思わず飲み物のようにするする食べてしまう美味しさだった。 

食事の最後はミルクも紅茶も濃厚なチャイが出てきておしまい。

カレーのお店は市の中心部までいかなければないので、こういう食事が普段から食べられるようになれば(近所に店ができれば)、住環境の満足度がさらに向上するんだけどなーと思ったのでした。
ご馳走さまでした。


小島健一
OTHER SNAPS